健康をデッサンする
健康関数®で明日からの健康をリード
総合的健康度を精緻に把握する世界で唯一の方法論を開発

Integrated Health Scienceは「個々人の健康の最大化」を核心に、独自の健康関数®を活用して先進科学による健康評価と最適化を追求します。健康予防から管理まで、科学的洞察に基づくソリューションを通じて、各個々人の生活をより豊かにすることが私たちの使命です。

主な特徴

  1. 高精度な健康評価: 生体酸化傾向、修復エネルギー状態、免疫応答、自律神経系機能、認知機能など、従来の健康診断では測定しない多様な健康マーカーを含めた総合的な評価を行います。
  2. 総合的健康度ポジショニングマップ: 2018年の国家プロジェクトで1,000人を対象に実施した242項目の計測データを基に、76項目のデータセットを作成し、それらを2次元マップ上にプロットすることで、個人の総合的な健康度を視覚化しました。

主な対象者

  • 健診・人間ドックを行う病院・クリニック:従来の健診・人間ドックに加えて、健康関数®︎を導入することで、患者の健康や未病状態をより詳細に把握し、健康・未病リスクの早期発見や健康管理に役立てることができます。
  • 健康経営に取り組む企業: 従業員の健康・未病状態を定量的に評価し、健康経営の取り組みをより効果的に行うための基盤として活用できます。
  • ヘルスケア関連企業: 研究開発やマーケティングにおいて、健康関数®︎を利用することで、新たな健康ソリューションの開発や市場分析・製品戦略に役立てることが可能です。