健康関数®とは

人生100年時代の健康

現代は人生100年時代と言われており、その中で健康を保つためには新しい総合的健康度評価の仕組みが必要です。健康関数®は、従来の健康診断に代わる新しい指標で、健康、未病、疾病の各段階における健康状態の変化に早期に気付き、適切な対応を可能にすることを目指しています。

健康関数®の三つの科学

  1. 未病から病気への進行を予防する科学
  2. 健康状態から未病への進行を予防する科学
  3. 健康状態の増進を図る科学

これにより、より早期の疾病方向へのスクリーニングや健康増進に役立つ指標を提供します。

健康関数®の評価と実現

総合的健康度の可視化
健康関数®は、総合的健康度と日常活力度を客観的な数値指標として可視化するアルゴリズムです。ここでは、日常生活での健康・未病状態を網羅的に精緻に評価するために、新たな健康マーカーと評価系を社会実装することを目指しています。

評価軸の活用
健康関数®を使った総合的健康度ポジショニングマップは、受診者の健康・未病状態をセグメント化し、生活習慣の改善や治療介入の勧奨を可能にします。また、これによって健常者や患者のモチベーション向上にも寄与することができます。

個々人の健康の最大化
個々人の全身の状態や機能を定量化し、健康の最大化に向けた早期介入のポイントを提案します。これには、疲労の指標としてVASやチャルダーのような主観的指標と客観的バイオマーカーを組み合わせるなどのアプローチが含まれます。

健康関数®の社会実装

健康科学の融合
Integrated Health Science (IHS)は、テクノロジーとデータサイエンスの融合により、個々人の健康を最大化する仕組みを提供します。R&D事業、健康関数®事業を通じて、社会実装と収益モデルの確立に向けた活動を行っています。